分じろう・十じろう

【文化歴史コーナーHAKKAKE】中世の貨幣

【文化歴史コーナーHAKKAKE】中世の貨幣

展示の銭貨は、十日町市堀之内にある堂ノ上(どうのがみ)遺跡から出土した平安~室町時代に作られた銭貨です。
すべて外国製で日本製はないそうです。
これらの銭貨は、15~17世紀の墓に入っていたもので、いわゆる六道銭(死者を葬るとき、棺の中に入れる6文の銭。三途の川の渡し銭、または冥界の旅費にするといわれる。) とのことです。
詳しい説明付きで展示しています。是非ご覧ください。
【日 時】2月17日(月)~4月9日(木) 9:00~17:00(※火曜休館)
【場 所】分じろう:(1階)文化歴史コーナー「HAKKAKE(ハッカケ)」
【主 催】十日町市博物館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください