分じろう・十じろう

【文化歴史コーナーHAKKAKE】伊達八幡館跡 出土品

【文化歴史コーナーHAKKAKE】伊達八幡館跡 出土品

「伊達八幡館跡」出土品のひとつ、「石製の硯(すずり)」です。
中世の伊達地域は、上野国新田一族の鳥山氏の所領で、硯は権力のある階級では必需品の文房具だったとのこと。
当時の商品流通の情勢などもわかる解説とあわせてぜひご覧ください。
【日 時】10月3日(水)~12月3日(月) 9:00~17:00(※火曜休館)
【場 所】分じろう:(1階)文化歴史コーナー「HAKKAKE(ハッカケ)」
【主 催】十日町市博物館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください