分じろう・十じろう

【文化歴史コーナーHAKKAKE】古墳時代のツボ

【文化歴史コーナーHAKKAKE】古墳時代のツボ

今回の展示は「越中富山の置き薬」です。

その昔はどこの家庭にもあった置き薬。
越中富山の行商がやってきて売り歩いたのが始まりです。
なぜ、かつては流行し、そして現在は衰退しているのか、箱の中身にも秘密がありそうです。

見学自由です。ぜひご覧ください。

【日 時】8月4日(水)~10月4日(月) 9:00~17:00(※火曜休館)
【場 所】分じろう:(1階)文化歴史コーナー「HAKKAKE(ハッカケ)」
【主 催】十日町市博物館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください